スシノフ根市のアジア横丁カジノ旅

メインはカジノ旅行記、高校野球、なぜか菓子パン。

星稜と日本航空石川が本命か!? ~第138回北信越地区高等学校野球大会開幕~

こんばんは、スシノフ根市です。


今回は高校野球の話。



日付替わって今日6月2日、石川県で第138回北信越地区高等学校野球大会が始まりますね(6月5日までの日程)。

地区大会は場所ごとに時期に結構なバラツキがありますが、北信越は初夏の空気も漂うこの時期。

石川県(金沢)の天気予報を見てみたんですが、今のところ大会期間中は雨の心配は無さそうです(ヨカッタネー)。


今大会の組み合わせ&試合日程はこんな感じだそうです。

コチラ↓


f:id:Asiayokocho-casinotabi:20180602013435j:plain

石川県での開催なので、地元の学校が他の県より出場校が多くなる「恩恵」は健在です。



やっぱり優勝の本命はセンバツでも活躍した星稜と日本航空石川でしょうか。

地元石川での開催も手伝って。


もし決勝で両校が優勝を争うって展開になった場合は・・・もう分からないですね。

去年の秋からの対戦成績は勝ったり負けたりじゃないですか?

思わぬアクシデントでもない限り、一方的に有利ってのは無いんじゃないかなー。


まぁ同じ石川っていっても、星稜の方が開催地(球場)にだいぶ近い点ではより有利といえば有利。

自転車で行けちゃいますもん。

その点では金沢も金沢学院も他の県の学校よりかはだいぶ有利でしょうね。

「お馴染みの球場」での試合だもんな。

・・・学校と球場の場所はグーグルマップとかで確認してください(得意の投げやり)。



石川県以外の県はやっぱり1位(県大会優勝校)が強そうですよね。


福井県の坂井は準々決勝で敦賀気比に大勝、準決勝で福井工大福井に接戦、それで決勝の福井商業にはまた大勝と、高校野球好きなら1度は聞いたことのある学校を次々撃破して優勝。

北信越の中では福井県と石川県が高校野球のレベル高めなので、強そうだな。


夏の甲子園決勝で9回に中京大中京を猛烈に追い上げて名前を売ったことでお馴染みの新潟県日本文理も県大会では2回戦から出て、2、3、4回戦はコールド勝ちと強さが際立っていました。


長野県の佐久長聖も準決勝で甲子園でお馴染みの松商学園にコールド、決勝の上田西にも大差で勝利(結構大味な試合だった)。


富山県に関しては優勝は高岡商業なんですが、センバツに出てたのは富山商業で、歴史的に見ても両校共に春も夏も甲子園にほぼ同じくらい出てるライバルのような関係なんで、石川県同様、両雄実力拮抗に近い感じなんじゃないでしょうか(県大会決勝スコアも大差というわけではなかった)。

富山県は新湊が出てきたら無条件で応援しちゃうんだけどなー(センプウネ)。



甲子園出場に直接関係する大会ではないですが、今の北信越高校野球のレベル、北信越内での力関係、夏の甲子園の各県の展望がうっすら見えるので見逃せません。

まぁそんな理由付けは抜きに、高校野球は見てて楽しい(面白い)ですから。


さぁ優勝はどの学校でしょうか。

この週末、北信越各県以外にも、北陸新幹線に乗って関東から現地観戦に行く猛者もいるかもしれませんね。

関西から特急に乗って、って人もいそう。




それでは今回はこの辺で、さようなら。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい。




~諸々やっています、宜しくです。~

Twitter
https://twitter.com/sushinofuneichi?s=09

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCS9Unjcvvlbe-1HGdvfHS-A

Instagram
https://www.instagram.com/sushinofuneichi